HOME

notice

セクキャバ店へ体験入店することにはどんなメリットがあるの?

風俗店以外の業種としては珍しく、飲食店であるセクキャバには体験入店というシステムが存在しています。
体験入店では一日から数日間程度、そのセクキャバ店に実際にキャストとして勤務することが可能となります。
どうせ働きだすなら本入店した方が早いと考えている女性もいるかもしれませんが、体験入店には体験入店独自のメリットがあります。
例えば体験入店中は、本入店した時と同じようにその日にお給料が支払われます。
本入店と異なり、体験入店は面接した後数日後、あるいは面接日当日に行える場合もある為、すぐにお金が必要という場合にとても役立ちます。
また、セクキャバ店の求人情報や面接での説明時に待遇情報等を確認していても、それが実際にどんなものであるかは働いてみるまで分かりません。
体験入店をしておけば、待遇情報の確認はもちろん、実際のお店の雰囲気や他のキャストの様子、お客様の年齢層等もチェックすることが出来ますよ。
さらに体験入店中は基本的に指名等はなく、フリー入店のお客様に接客を行えばいい為気持ち的にも非常に楽にお仕事を始められます。
セクキャバ店に入店することを既に心に決めていたとしても、一度体験入店を行っておいた方がスムーズに本入店へ進められるでしょう。

セクキャバ店へ体験入店する際には身分証明書を忘れずに!

セクキャバ店へ体験入店を行う際に、必要な持ち物というのはあまり多くはありません。
体験入店に対応したセクキャバ店では、体験入店を行うにあたって必要な物品等はレンタルが行われていることがほとんどです。
ドレスやヒール等を貸して貰える店舗は珍しくなく、さらにはライターやバッグ等にまで対応した店舗もあり、店舗によってはほとんど手ぶら状態で体験入店に挑むことが可能です。
しかし、どのようなセクキャバ店であっても体験入店時に必ず必要となるのが身分証明書です。
セクキャバ店は風俗店ではありませんが、ゲームセンター等と同じく風俗営業法の対象となる飲食店です。
その為、セクキャバ店へ体験入店する為には本籍地が記載された身分証明書を持参する必要があります。
一般的に身分証明書として使われることの多い運転免許証ですが、実はこの運転免許証には本籍地が記載されていません。
運転免許証を持っているから問題ないと思い込んでセクキャバ店へ行っても、体験入店は出来ない為注意が必要です。
本籍地が記載された身分証明書にはパスポートやマイナンバーカードがありますが、最も簡単なのが住民票の写しです。
少し面倒ですが、役所で数分かからず取得できる為、セクキャバ店へ体験入店する前には必ず住民票の写しを持参するようにしましょう。

セクキャバ店にはノルマなしの店舗が多い!まずは体験入店しよう!

キャバクラやセクキャバは風俗業ではない高収入のお仕事として、風俗業に抵抗のある女性からも注目を集めるお仕事です。
特にキャバクラと比べるとセクキャバ店にはノルマを課していない店舗も多く、ハードな営業や売り上げノルマを気にせずに気ままに勤務出来ることが大きな魅力です。
ノルマなしで高収入が得られるセクキャバ店で働くことに興味を持っているのなら、まずは体験入店を行ってみましょう!
本入店をした後はもちろん、ノルマなしのセクキャバ店であれば体験入店中もノルマは一切なく、その場その場のお客様にしっかりと接客を行えば高時給を楽々ゲットすることが可能です。
接客業が初めての女性にも、先輩やスタッフが優しく丁寧に講習を行ってくれる為安心です。
ドレスを貸してくれる店舗もあれば、セクキャバ嬢らしいメイクやヘアメイクをセットしてくれる店舗もある為、体験入店する為の下準備も必要ありません。
体験入店をしておけばお店の雰囲気に馴染んだ上で本入店することが出来る為、気負うことなくセクキャバ店でのお仕事を始められることも嬉しいポイントですね。
ノルマなしのセクキャバ店で働いてみたいと考えているのなら、今すぐセクキャバ店の体験入店へ応募してみましょう!


まずはセクキャバ体験入店先を探しましょう!【キャバイト】なら充実した求人情報 があるので、自分に合ったお仕事が見つかりますよ!